【視力機能が改善できる】ビルベリーのサプリを飲むメリットとは

アントシアニンの力は凄い

摂取方法とタイミング

眼精疲労

ビルベリーは目の疲労回復や緑内障・白内障といった眼病の予防に役立つと言われています。その秘密はビルベリーの色素であるポリフェノールに含まれている抗酸化成分アントシアニンにあります。アントシアニンには細胞の老化や病気の原因となる活性酸素を除去する働きがあり、しかも成分が安定しているのでサプリメントになっても効果が出やすいのです。では、アントシアニンを一日にどのくらい摂取する必要があるのかというと、およそ40mg〜90mgだと言われています。この量を一般的に流通している生のブルーベリーで摂取すると考えた場合、およそ45g〜100gほどになります。これはコスト的に量的にも毎日続けられる量ではありませんから、なるべくビルベリーを活用したほうがいいでしょう。なぜならビルベリーのアントシアニン量はブルーベリーよりも2〜5倍多いからです。ただ、ビルベリーは日本では入手困難ですし、味的にも少々癖がある果実ですから、サプリメントを利用したほうがいいというわけです。ビルベリーのサプリメントを飲むタイミングは吸収率を上げてくれる食後が最も効果的でしょう。もっとも、アントシアニンは飲んでから働くまでに3〜4時間ほど掛かるので、なるべくパソコンやスマホなどで目を使う前に摂取しておいてください。また、アントシアニンは体内に貯蔵される成分ではなく、飲んでから24時間後には尿と一緒に排出されてしまいます。このため、ビルベリーを美容や健康目的で使いたいのなら、毎日サプリメントを飲み続けることが重要です。アントシアニンの抗酸化作用が体の内側から働いてくれれば、アンチエイジング効果を全身で実感することができるはずです。

アントシアニンが豊富です

女性

目に良い果物といえばブルーベリーをおもい浮かべる方が多いとおもいますが、実はそのブルーベリーよりも目に良い果物があるんです。それは「ビルベリー」という果物です。ビルベリーとは、ブルーベリーの一種なのですが、ブルーベリーの2倍以上のアントシアニンが含まれています。アントシアニンは目に良い成分ということで知られており、眼精疲労の回復や視力の回復などに効果があると言われています。最近は日常的にパソコンやスマートフォンを使い、多くの人が疲れ目になる状況にいますから、ビルベリーは素晴らしいお助けアイテムと言っても良いでしょう。また、ビルベリーに含まれるアントシアニンには、強力な抗酸化作用や、コラーゲンを強化する作用を持っていると言われているので、健康のためには積極的に摂っていきたい果物であると言えます。では、ビルベリーをどのくらい食べればよいのでしょうか。生の果実でしたら、一日に40グラム、ドライフルーツでしたら10グラム以上を目安にしましょう。実際に毎日ビルベリーを食べるのは正直難しいので、サプリメントを利用するのもオススメです。ビルベリーのサプリメントは、色々なメーカーから発売されています。ビルベリーエキスの配合量や、その他にプラスされている成分、価格などを調べたうえで、自分が無理なく続けられるサプリメントを選ぶと良いでしょう。サプリメントは続けることで徐々に効果が表れるアイテムですので、一定期間は続けてみましょう。

おすすめする選び方

フルーツ

ビルベリーとは名前にも入っている通りベリーの一種で、ブルーベリーの原種だと言われています。北ヨーロッパであるノルウェーやスウェーデン、フィンランドの森に生えており、ビルベリーには有効成分であるアントシアニンが豊富に含まれています。その含有量はブルーベリーの3倍にも上り、眼精疲労に高い効果を期待することができるため注目されています。またアントシアニンは眼精疲労に対してのみ効果があるわけではなく、抗酸化作用もあるため生活習慣病の予防にも役立ちます。ビルベリーはそのまま食べることができますが、スーパーではあまり取り扱われていないかもしれません。また食品から十分な量の有効成分を摂取することは難しいため、便利なサプリメントの利用がおすすめです。ビルベリーのサプリメントには様々なものがありますが、選ぶときのポイントはアントシアニンの含有量や一緒に含まれている他の成分です。1日につき30ミリグラム以上のアントシアニンが摂取できるサプリメントで、ルテインやDHA、ビタミンやイチョウ葉エキス、メグスリノキなどの成分も配合されていればより良い相乗効果が期待できます。この中でも特にルテインには目を守る働きがあり、はっきりと見えやすくなります。ビルベリーのサプリメントを摂取するときには、有効成分の働きを邪魔しないように水やぬるま湯で飲むのがおすすめです。また効果を継続して実感するためには、毎日続けて飲む必要があります。